稼ぐ力を支える人材育成『効果的なセミナー』開催

  • マネジメントシステムを支える人材を育成する
  • 部門管理者のリスク感性を磨き目標達成に貢献
  • コストパフォーマンスの高い教育研修プログラム
  • 経験と実績に裏づけられた事例でわかりやすく実践的
  • オリジナル教材やハンドブックは実務(実践)を意識

2019年セミナー及び研修コース開催スケジュール

2019年1月開催

16日 ▶︎ 秋葉原開催: リスクマネジメント入門 [受講無料]
23日 ▶︎ 秋葉原開催: クラウドセキュリティ入門[受講無料]

2019年2月開催

13日 ▶︎ 秋葉原開催:リスクマネジメント入門 [受講無料]
14日 ▷ 企業内研修:クラウドセキュリティ入門 ー 内部監査員能力開発
20日 ▶︎ 秋葉原開催:クラウドセキュリティ入門[受講無料]
22日 ▶︎ 富士市開催:ISMS入門[受講無料](企業内開催を一般開放)

2019年3月開催

20日 ▶︎ 秋葉原開催:ISMS構築実践(初級)[受講無料] [満席]

2019年4月開催

09日 ▷ 企業内研修:監査員の専門能力開発1日目(演習を中心にした能力開発)
10 日▷ 企業内研修:監査員の専門能力開発2日目(演習を中心にした能力開発)
24日 ▶︎ 秋葉原開催:クラウドセキュリティ入門[受講無料] [満席]

▶︎コースは一般受講が可能です。(コース名クリックで受講申請・コース内容をご覧いただけます)

5月開催

6月開催

7月開催

8月開催

9月以降の開催スケジュルールは5月下旬に公開予定です

審査員研修コース

ISMS審査員研修
(マネジメントシステム管理技術者認定コース内に併設しています)

6月 前半:06日(木)〜08日(土)後半:13日(木)〜15日(土)富士市[残席2]
7月 前半:13日(土)〜15日(祝)後半:19日(金)〜15日(日)秋葉原[受付中]
9月 前半:14日(土)〜16日(祝)後半:21日(土)〜23日(祝)秋葉原[受付中]

審査員研修コースのみの受講が可能です(開催者にお問い合わせください)
(受講料)非会員:200,000円  会員:180,000円

クラウドセキュリティ審査員研修
(クラウドセキュリティ管理技術者認定コース内に併設しています)

6月20日(水)〜21日(木) 秋葉原 [受付中]
8月11日(祝)〜12日(祝) 秋葉原 [受付中]

審査員研修コースのみの受講が可能です(開催者にお問い合わせください)
(受講料)非会員:125,000円  会員:112,500円

人材育成を支える講師派遣

基準料金:非会員    80,000円(税抜き価格)
     正会員企業  64,000円(税抜き価格)
     ※上記派遣料金は4時間以内での標準設定です。

     (正会員企業例)
     半日研修 各種入門・基礎研修など(64,000円)
     1日研修 専門能力開発コースなど(128,000円)
     2日研修 内部監査員研修など(256,000円)
     ※JRCA承認コースは別途見積となります

出張旅費:都内及び近郊は基準料金に含みます
(但し、前泊などを伴う場合は実費請求)
その他地域は宿泊費・交通費実費請求

教材作成:データ渡し、製本などご希望に応じて対応いたします

JRCA承認コース:ISMS審査員研修コース・ISMSクラウドセキュリティ審査員研修コース・継続的専門能力開発(CPD)コース

担当講師スケジュール

スケジュールをカレンダー形式で公開。
ISMS審査員研修・ISMS-CLS(クラウドセキュリティ審査員研修)・CPDや各種入門(ISMS入門・クラウドセキュリティ・サイバーセキュリティ・IoTセキュリティ・リスクマネジメント)やISMS構築実践・内部監査員研修・内部監査員のための能力開発演習コースなど企業内開催にも力を入れています。

問い合わせフォーム

企業内開催(講師派遣)が可能な標準コース例

組織力としてリスクマネジメントを定着させるために


リスクマネジメント基礎 (ISO 31000/27005/27001を基本としたリスクマネジメントの基本と手法の理解)
リスクマネジメント実践 (リスクアセスメント・リスク対応についてのワークショップを中心にした実務演習) 
ベースラインリスクアセスメント実践
            (ISMS附属書A/JIS Q 15001をベースラインとしたアセスメント及び対応実践演習)
リスクコミュニケーション(管理者に必要とされるコミュニケーションスキル能力向上のためのワークショップ)
リスクマネージャ養成  (ERM:全社的リスクマネジメント実践のためのリスク管理部門責任者を育成)



費用対効果が明確で適切なリスクコントロールのために


管理目的及び管理策基礎 (ISO 27002/ISO 27001 附属書A 管理目的及び114種の管理策の理解を深める)
クラウド固有のリスク対応(ISO 27017/クラウドセキュリティ管理基準で固有のリスク対応方法を理解する)
危機管理/事業継続対応 (ISO 22310/サイバーセキュリティなどの基準を理解し、危機管理を理解し実装)




意識向上・マネジメントシステムを正しく理解するために


情報セキュリティ基礎  (ISO 27001要求事項やリスクマネジメントなどわかりやすく解説)
継続的専門能力開発   (審査員資格を有する皆様が資格維持に必要な能力向上のために)
リスク感性を磨く    (リスクマネジメント定着のためにリスクマネジメントの価値を理解する)




審査員資格を取得して個人のパフォーマンスを向上させるために


審査員研修コースは、日本規格協会(マネジメントシステム審査員評価登録センター:JRCA)登録を目的とした研修コースです。もちろん審査員として活動できる資格なのですが、昨今は内部監査リーダーとしての力量を身につけることに加えて、監理技術者として、ビジネス資格(スキル)の一つとして受講者層が拡大しています。




監査体制を強化して組織のパフォーマンスを向上させるために


内部監査はISMSを含むマネジメントシステムのパフォーマンス向上や運用に欠かせない機能です。監査が形骸化するとマネジメントシステムも形骸化すると言っても過言ではありません。内部監査員としてのキャリアは審査員へのステップでもあり、監査スキルはコミュニケーション能力向上にも貢献します。




コンサルタントを育成して新規事業を創出するために


ISMSコンサルティング基礎
ISMSコンサルティング実践
オンラインコンサルティング実践
インストラクタ養成