ISMSイメージ.jpg

Hacathon(ハッカソン)開催について

ハッカソンという言葉が使われだしたのは1999年頃だと言われています
Hack(ハック)とMarathon(マラソン)の混成語です

ハッカソンって何?

ITソフトウェア文化から発祥し、
『提示された課題を定められた時間で解き、成果物をプロトタイプとして製作する』
もとは、高度なスキルを持つSEがプログラミング開発スキルを競う位置付けです
『集中してスピーディに開発する』『自らのスキルを高める』ことが目的でした

ハッカソンは、
よりおもしろモノ・斬新なモノ・より有益なモノを短い時間で開発すること
プロトタイピングツールとしても有効なツールです

ハッカソンは、
組織の壁にこだわらず、
多様多彩な人たち(異なる分野の人たち)が集まり、
多様なアイデアを組み合わせ新しい価値を創出する

『オープンイノベーション』のツールです

ハッカソンは、
モノづくりの現場やコミュニティ・メーカー企業・行政などから
様々なアプローチで開催されています

私たち Cloud for ISMS Society も『ハッカソン』を開始します

ハッカソンは参加型イベントです
参加者は提示された課題に対して決められた時間でスキルをフル活用して解決を目指します。
提示されるのは概略テーマで、課題を探すことから始める場合もあります。

ハッカソンを通じて成果物が得られる

アウトプット(プロトタイプ・モノ)を作る『ハッカソン』
ハッカソンは、アイデア出しの部分が『アイデアソン』

ハッカソンは、楽しいだけ、娯楽だけではなく
それによって学びを得ること、学習することを目的としています


セミナーやワークショップと何が違うの?

セミナーは講師の話を聞いて皆んな(受講者)で学ぶ形式
ワークショップは、チーム学習ですがセミナーと同様にコントールされます

ハッカソンは、テーマや課題などが提供されますが
課題解決に向けて何が必要か?
何をどうするか?といった作業はチームで実施します
講師(メンター)がアドバイスやサポートする場合がありますが
参加者が主体的に進めます

講師から上から下に情報を提供するのとは異なり
縦横無尽に情報が飛び交う
ハッカソンは事象を様々な面から捉えることに適していて、
新しいテーマや新しいモノ・コトを学ぶ場合に有効です

さらに、勉強会やワークショップと異なり
ゴールとして成果物(アウトプット)を作る『おもしろさ』があります

新しい技術やノウハウ・知識を得るだけではなく
アイデアをカタチにするところにも『おもしろさ』があります


ハッカソンのメリット
・限られた時間でアウトプット(モノ)を作る
・チーム内のコミュケーションが活性化し、コミュニケーションスキルがUpする
・一緒に一つのことに取り組み共感することにより絆が深まる

多様な分野の専門家が集まっって
より新しいモノを生み出す場

すでに、Makerムーブメント・Make-a-thon は「モノづくり体験の場」から人脈作り、ノウハウ習得の場へ
ハッカソンで生み出された製品開発や起業例も出てきています

ハッカソンは、モヤモヤした「できそうなイメージ」を具体化するツールとして期待されています


日本で開催されているハッカソン

コミュニティベースで課題解決のために開催されているハッカソン
企業がコミュニティとの協力で開催されているハッカソン
行政機関が企業と組んで事業開発を目的としたハッカソン など

ハッカソンは産学連携にも広がりつつあり、東京工科大学が産学連携ハッカソンを開いたことを皮切りに、金沢工業大学や立教大学[、大阪大学でも開催されています


私たちはコミュニティ(Society)ベースで開催します

『ISMS運用課題解決』
『ISMSの戦略整合』のために

『新しいアイデア・イノベーションを生み出す』
『新技術・サービスを理解し共有する』
「新しい人脈を作る』

コトを目的にハッカソンを開催します

ハッカソン参加条件

目的を共有し、自らの経験やノウハウをチームメンバと共有してアウトプットを生み出せる人
多くの考え方や意見・アイデアを吸収し学びの場とすること

ハッカソンに参加する時は、『目的』を正しく知る(理解)することが重要です

・スキルを高めたい
・新しいアイデアを生み出したい
・新技術・サービスを理解し共有したい
・新しい人脈を作りたい
・新規事業を開発したい

そんな皆さんに参加いただきたいと思っています


ハッカソンをメソッドとして多くの企業が注目

IT企業のみならず、富士通・ヤマハ・オリンパスなどの大手メーカ
ローソン・毎日放送・中京テレビ
さらには『居酒屋 x IoT 業界初!? 養老乃瀧ハッカソン』など
様々な企業がハッカソンイベントを開催しています

その理由は?
『オープンイノベーション』

オープンイノベーション(英: open innovation)とは、
自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家など異業種、異分野が持つ技術やアイデア、サービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、革新的なビジネスモデル、研究成果、製品開発、サービス開発、組織改革、行政改革、ソーシャルイノベーション等につなげるイノベーションの方法論です

ハーバード・ビジネス・スクールのヘンリー助教授によって提唱された概念で、
イノベーションをおこすため、企業は社内資源のみに頼るのではなく、大学や他企業との連携を積極的に活用することが有効であると主張

従来、企業は自社の中だけで研究者を囲い込み研究開発を行ってきました。
このようなクローズトイノベーションの研究開発は、競争環境の激化、イノベーションの不確実性、研究開発費の高騰、株主から求められる短期的成果等から困難になってきた背景があります。そのため、大学や他社の技術のライセンスを受けたり、外部から広くアイデアを募集するなど、社外との連携を積極活用するオープンイノベーションをとる企業が増加。 一般的には秘密保持契約(NDA)を結んだ共同開発や情報交換から行うことが多く、クローズトイノベーションを、自社の研究開発だけでなく、既存の社外連携(既存の産学連携やサプライヤーとの協業など)も含めたものとして捉え、そこで不足する技術やアイデアをもつ新しい相手に協業先を拡げる活動をオープンイノベーションと定義することもあります。
オープンイノベーションで、定義されているイノベーションは社内システムから人事制度、CSRまで多岐にわたり技術分野には限定されません。
(Wikipediaを引用しました)

富士通では社内のハッカソン『あしたのコミュニテーラボ』で地域の人や学生と社員が一緒に参加
ヤマハは新しい音楽体験や楽器を作るPlay-a-thonというハッカソンイベントを開催

クローズな社内ハッカソンをオープンにしてチームビルディングを組織開発(人材開発)に活用するアイデアソン
オープンなハッカソンを開き、社内外の様々な人材・スキルを受入れることで新しいアイデア・商品を探る

従来の手法ではチャレンジングな製品やサービスを生み出すことが困難で、R&Dで新しい技術や「おもしろそうな技術・サービス」を生み出しても、マーケティングリサーチや過去の経験則から市場がないと着手できない。
試作や試行もできない
目先の利益や大量生産で成功することを求めれれるのが現実です。

これまではそれでもよかったかも知れません
これから(いま求められる価値)は
製品やサービスの機能だけではなく、「価値そのものを探す」「課題を探す」ところから始めなければなりません。

そこに、ハッカソンの持つ多様性が注目され、オープンに様々な経歴やスキルを持つ人たちが集まるハッカソンに注目されています。
課題解決を、まずその課題が本当に合っているのか?様々な視点で「探究」するところから始める
それがハッカソンです

ハッカソンに広告効果?

新しい技術やサービスを告知するためにハッカソンイベンが開催されています

Intel    マイコンボードGalileoやEdisonをリリースした時にハッカソンイベントを開催
ローソン 「ハッカローソン」で、企業価値向上

『インフルエンサー』となってもらえそうな人との出会いの場

IoT時代に突入しましたが、自動運転やロボット技術には多くの技術やサービスが融合
クラウドサービスにおいてもサプライチェーンによりサービスが提供されています

自社の技術やサービス・自らの経験やスキルが思いがけないところで興味を持ってもらえることがあります
具体的な案件がなくとも、ベクトルのあう優秀な人材とつながりたい

これもハッカソンの目的です

Influencer:インフルエンサーとは購買中心点にあって組織の購買意思決定に影響を与える人のこと(コトバンクより)

続きは近日中に!

LinkIconお問い合わせ

引用文献
ハッカソン運営がいど Google Developer Relations Japan
アイデアソン・ハッカソン運営ガイドブック Ver 1.0
ハッカソン/アイデアソンとは? その類型と特徴、開催事例(buildinsider.net)
IT業界で流行「ハッカソン」とは(R25)
大内孝子著:ハッカソンの作り方

名称未設定.png

LinkIconHOME

公開:2017.04.03