Cloud for ISMS Society は
ISMSの健全な普及促進で経済社会の進歩発展に貢献します

私たちは、『シンプルISMSを提唱』し、IoT時代のセキュリティ品質・セキュリティ人材の育成・管理者負担軽減サポートを主たる目的とした会員制の組織です。驚くほど効率的で効果的なマネジメントシステム構築・運用・改善を匠のネットワークと洗練されたノウハウとコンテンツでサポートします。
lms.isms-society.comは、ISMS Society会員専用のクラウドサービスです。

目的
定款 第3条)
当法人は、情報セキュリティ及び品質改善の管理技術の向上を図ることにより、日本国の社会経済発展及び会員の経済的発展に寄与することを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。

(1) 情報セキュリティ管理技術の普及及び啓発
(2) 情報セキュリティ管理技術に関する情報収集及び提供
(3) 情報セキュリティ管理技術に関する調査及び研究
(4) 情報セキュリティ管理技術に関する内外関係機関等との協力及び交流
(5) 情報セキュリティ管理技術に関する出版及び頒布
(6) 情報セキュリティ管理技術に関する規格の適合性評価及び普及
(7) 情報セキュリティ管理技術に関する教育研修企画及び運営
(8) 教育研修を目的としたクラウドサービスの企画開発
(9) 管理技術及び情報交換を目的としたクラウドサービスの企画開発
(10) 教育研修及び管理技術提供を目的としたクラウドサービスの運営
(11) ソーシャルネットワークの企画開発及び運営
(12) 前各号に掲げる事項に掲げる基盤の整備
(13) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

目的の設定
2017.04.01 設立準備のため策定(定款認証準備中)

会員(定款2章)

(種別)
第6条 当法人の会員は、次の3種とし、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員とする。
(1)正会員 当法人の目的に賛同して入会した個人又は団体で
   代表理事の推薦を受けたもの
(2)一般会員 当法人の目的に賛同して入会した個人又は団体
(3)賛助会員 当法人の事業を賛助するため入会した個人又は団体

LinkIcon会員規則

(入会)
第7条 正会員又は賛助会員として入会しようとする者は、理事会が別に定める入会申込書により申し込み、理事会の承認を受けなければならない。その承認があったときに正会員又は賛助会員となる。

(入会金及び会費)
第8条 会員は、社員総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

(任意退会)
第9条 会員は、理事会において別に定める退会届を提出することにより、任意にいつでも退会することができる。

(除名)
第10条 会員が次のいずれかに該当するに至ったときは、第19条第2項に定める社員総会の特別決議によって当該会員を除名することができる。
(1)この定款その他の規則に違反したとき。
(2)当法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
(3)その他の除名すべき正当な事由があるとき。

(会員資格の喪失)
第11条 前2条の場合のほか、会員は、次のいずれかに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
(1)会費の納入が継続して半年以上されなかったとき。
(2)総正会員が同意したとき。
(3)当該会員が死亡し、又は解散したとき。

(会員資格喪失に伴う権利及び義務)
第12条 会員が前3条の規定によりその資格を喪失したときは、当法人に対する会員としての権利を失い、義務を免れる。正会員については、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員としての地位を失う。ただし、未履行の義務は、これを免れることはできない。
2 当法人は、会員がその資格を喪失しても、既納の入会金、会費その他の拠出金品は、これを返還しない。


私たちは
経営資源の一つとしての『情報』に注目しています

情報セキュリティとは

『組織内の重要な情報を保護すること』
『大切な情報を完全な状態で管理すること』
『必要な時に高度に利活用すること』と定義し、

ISMSの健全な普及促進によりセキュリティを高め
省コストで無理・無駄のない情報セキュリティ管理策を考え
意識向上・教育訓練のカタチを改善し、セキュリティ人材を育成します

会員制サービス「Cloud for ISMS」を運営します
人的支援
・各種のマネジメンントシステム関連講師・アドバイザを派遣します
・会員ネットワークより最適なコンサルタントをご紹介・派遣します
・意識向上・セキュリティ人材育成目的のスキル基準策定・教育企画


LinkIconお問い合わせ

2017.04.03
2017.03.31
2017.03.26
①PIIって何?JIS X 9250を基に用語定義を解説
②プライバシー安全対策要件
③プライバシー原則
2017.03.25
クラウドセキュリティガイドPDF版の提供を開始しました
2017.03.25
クラウドセキュリティフラッシュガイドPDF版の提供を開始しました
2017.03.25
①PIIって何?JIS X 9250を基に用語定義を解説
②プライバシー安全対策要件
③プライバシー原則
②③は近日公開します
2017.03.23
コース会最後のアンケートより抜粋し掲載させていただきました
2017.02.20
2017.03.18
Society案内ページを更新
2017.03.17
2017.03.13
2017.03.12
2017.03.11
2017.03.10
2017.03.09
クラウドセキュリティガイドブブック公開
2017.03.09
ありがとうキャンペーンをスタート
FaceBookページいいね!で「プライバシーフレームワークガイドブック」
無料でプレゼントします LinkIconFaceBook @ismsSociety
2017.03.06
ISMSクラウドセキュリティについてスポットセミナー開催が可能です
自社サービスの販売促進にご活用ください「パンフレットサンンプル公開」
2017.03.04
2017.02.11
ISO/IEC 29151 FDIS PII(個人識別可能情報)実践規範 投票終了
2017.01.13
2017.01.11
ISO29100 プライバシー原則 JIS化が進んでいます(JIS意見受付開始)
2016.12.20
ISO/IEC27017:2015がJIS化されました(JIS Q 27017:2016 )

名称未設定.png

正会員(企業)

なかつ情報通信開発センター株式会社様
Cloud for ISMSサービスの構築と運用
をサポート頂いています(感謝)
LinkIconCloud for ISMSサービス


FaceBooK/ブログアクセスを含みます