Cloud for ISMS Society は
ISMSの健全な普及促進で経済社会の進歩発展に貢献します

私たちは、『シンプルISMSを提唱』し、IoT時代のセキュリティ品質・セキュリティ人材の育成・管理者負担軽減サポートを主たる目的とした会員制の組織です。驚くほど効率的で効果的なマネジメントシステム構築・運用・改善を匠のネットワークと洗練されたノウハウとコンテンツでサポートします。
lms.isms-society.comは、ISMS Society会員専用のクラウドサービスです。

基金取扱規程

第1条 [総則]
当法人の基金取扱いについては、この規程の定めるところによる。

第2条 [使用目的]
当法人基金は、定款第38条に定める当法人事業を実施するために、その全部または一部を取り崩すことができる。

2.前項に基づく基金の全部または一部の取り崩しは、収支予算に基づいて、社員総会の承認を得て行うものとする。

第3条 [基金の募集および拠出者の権利]
当法人は、基金を引き受ける者を募集することができる。

2.基金の募集等の手続については、理事会の決議により定めるものとする。
3.当法人は基金の拠出者との合意の定めるところに従い、その拠出者に対して、拠出した財産の価額に相当する金銭を返還しなければならない。但し、毎事業年度末における返還限度額の範囲内で行うものとし、その拠出額を超えて返還しない。
4.基金の返還に係る債権には利息は付さない。
5.基金の拠出者は、当法人の解散のときまでその返還を請求することができない。

第4条 [基金の返還手続]
基金の返還を行う場合においては、その返還される基金に相当する金銭を代替基金として積み立てるものとし、その代替基金については取崩しを行わないものとする。

第5条 [報告]
予算に基づき支出された基金の使用実績および基金の財務状況については、収支決算に基づいて、社員総会へ報告し、社員総会の承認を得るものとする。

第6条 [規程の変更]
この規程は、理事会の決議を経て変更できるものとする。

附則
1.この規程は、2017 年4月1日から施行する。

2017年04月01日制定


私たちは
経営資源の一つとしての『情報』に注目しています

情報セキュリティとは

『組織内の重要な情報を保護すること』
『大切な情報を完全な状態で管理すること』
『必要な時に高度に利活用すること』と定義し、

ISMSの健全な普及促進によりセキュリティを高め
省コストで無理・無駄のない情報セキュリティ管理策を考え
意識向上・教育訓練のカタチを改善し、セキュリティ人材を育成します

会員制サービス「Cloud for ISMS」を運営します
人的支援
・各種のマネジメンントシステム関連講師・アドバイザを派遣します
・会員ネットワークより最適なコンサルタントをご紹介・派遣します
・意識向上・セキュリティ人材育成目的のスキル基準策定・教育企画


LinkIconお問い合わせ